買い取り業者の鑑定や査定の流れ

初めて鑑定や査定をして業者に売却するなら
鑑定額や査定額が出る流れを知っておくといいでしょう

まず売ろうとしているモノの情報を調べておきます
メーカーや機種、年代は鑑定や査定の際に必要です
買い取り業者へ連絡する前に調べておきます

こういった情報は、メーカーによってチェック方法が異なる
買い取り業者に鑑定や査定に出す前に注意してください
機種や製造番号は、フタを開けると確認できます

機種や製造番号をメモにとったら
買い取り業者に連絡をします

最近の買い取り業者は、ネットから査定の依頼ができる
 ↓



買い取り業者は1社ではなく複数に査定を頼みましょう
鑑定額や査定額は幅があり、買い取り業者によって額が異なる

鑑定額は高いけど、費用を差し引くとそうでもない
もらえる額が少ないということもあります
買い取りにどういった費用が査定にかかるのか?
最初にしっかり確認しておく必要があります

鑑定額や査定額に納得し売ることが決まると
買い取り予約をすることになります
しばらくすると契約書が買い取り業者から送られてきます
これに必要事項を記入し捺印します

これにより買い取り契約が完了すると
予約した日に買い取り業者がやってきます
すべて専門のスタッフが手配をしてくれます

持ち運びを手伝ったりする必要はありません
玄関を通らないようなケース
クレーンなどを使って運搬してくれます

売却が完了すると、指定口座に振り込まれることが一般的です
なかには、運び出すときそのまま現金で支払うところもあります
あらかじめ支払い方法も確認しておくと良いでしょう




鑑定額や査定額の前に調べておくべき情報

これから売却するために、あらかじめチェックしておくべきこと
電話やネットで買い取り査定を申し込むときにも必要になる
買い取り鑑定を依頼する前にしっかりと確認しておきましょう

必ず鑑定の前に聞かれる情報として
1.製造メーカー
2.製造番号
3.ペダルの本数


この他は、買い取り業者によって額も異なります
鑑定の準備ができたら⇒ズバット ピアノ買取比較


製造メーカーは、作っているメーカーの名前です
有名なメーカーほど評価額や鑑定額が高い
つまり買い取り額が高くなるということです
マイナーなものになると鑑定額の相場が安くなることが多いです

国内メーカー「カワイ」「ヤマハ」
海外メーカー「ベーゼンドルファー」「スタインウェイ」
これらが高値の額になりやすいメーカーとされます

製造番号は、フタを開けると確認できます
製造番号というのは身分証明書のようなもの
これにより、グレードや製造された年代、モデルが分かります

ペダルの本数の確認
2本か3本のペダルがついているのが普通です
この数によっても鑑定額が上下することになります


鑑定や査定のときには、上記の3つの情報は必ず使います
買い取り申し込みをする前に必ずチェックです
事前の準備は大切ということです

あらかじめきちんと調べてメモしておきましょう
鑑定や査定にも買い取りで慌てないで済みます
これでスムーズに鑑定額や査定額を知ることができる

| »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

| »