ピアノ買取相場

ピアノ買取相場が高価になるコツ

ピアノは、全く弾かなくても音は狂って相場はどんどん下がります。
多くの天然の材料(木材・羊毛・クロス等)が使われています。
買取相場は、設置場所の温度・湿度などに敏感に反応して消耗していきます。
売却をお考えなら、できるだけはやくピアノ買取業者に依頼をしてみることがおすすめです。

ピアノ買取を依頼するのが面倒?

なるべく高い相場で買い取ってもらいたい。
そんな疑問にこたえるべく、相場が高くなるポイントを紹介いたします。

1.できるだけ多くのピアノ買取業者に依頼する。
相場や価格は、ピアノ買取業者によってかなり相場の差が生じるでしょう。
業者が得意とする販売ルートやモデルが異なり、独自の相場基準を持っているからです。
同じモデルでも顧客が探してれば、相場よりも高額で買い取る場合もあります。
メーカーや製造年月日、売り手の居住地域によって引き取りを拒否されることもあります。
できるだけ多くのピアノ買取業者に査定を依頼して比較してみましょう。
一番高い査定額を出したところに頼めば良いのです。

ここでは複数のピアノ買取業者に一括依頼して相場がわかるサービスを提供しています。
この一括査定サービスを使えば、簡単にネット上で依頼ができます。
あなたの居住地域に対応するピアノ買取業者を自動的に選んでくれるので便利です。

2.相場を知る査定の前にキレイにしよう。
業者が査定に来る前に、できるだけ掃除をしたりホコリを落とすことをおススメします。
業者が実際に現物を見て査定をするとき、ホコリ等で汚れては悪印象を与えます。
一般的に会社は、リサイクル(再販)するために掃除をしてきれいな状態にします。
あらかじめキレイなら、印象が変わり相場も高くなることも多いでしょう。

3.塗装面の手入れ
表面についたホコリは、羽毛もしくは柔らかい布で軽く払います。
光沢を出すためには、鏡面艶出し塗装ならユニコンでムラなく拭きます。
その他の塗装仕上げなら、柔らかな布でから拭きするのが良いでしょう。
市販の化学雑巾や洗剤は避けましょう。
砂ぼこり等があった場合、細かいキズになる場合もあるので気をつけましょう。

4.鍵盤の手入れ
クロスや柔らかい布で鍵盤についた指紋や汚れを拭きましょう。
(塗装面で使う布とは別にしましょう)
汚れが目立つときは、水や石鹸水をしみこませて固く絞った布で汚れを拭き取り。
乾いた布でから拭きをしましょう。
アルコールやベンジン、市販の洗剤等の使用はひび割れの原因、避けましょう。

5.付属品は揃えておく
中古とはいえ、本体だけで買い取るとは限りません。
椅子がなくては弾きづらい、きちんと残しておきましょう。
他にも、上にかけるトップカバーや鍵盤の上に載せる布などもあった方がいい。
付属品があると、高い相場にしてもらえるようです。
必ずしも高価相場になるとはいえませんが、付属品があれば揃えておきます。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。